床張り替えを身近に!工事の種類や費用がわかるお役立ちサイト

>

張り替えするときの注意点

張り替えのタイミングは?

住宅を新築すると、定期的なメンテナンスが必要になります。
床の張り替えもそのひとつです。
具体的な時期は、家の湿度や温度などによって異なりますが、15年くらいを目安にするとよいでしょう。

ただし、床がギシギシしたりブカブカしたりする場合は、もっと早い時期での張り替えが必要になります。
特に、水回りはほかの部屋よりも湿気が多いため、日頃から注意しておきたいですね。
歩くと床がきしむなど、気になる症状がみられる場合は、信頼できる業者に相談してはいかがでしょうか。

なお、建物の状態によっては、ほかの部分も改修したほうがよいかもしれませんね。
家族の高齢化などによる、住居のバリアフリー化も大きな課題です。
みんなが過ごしやすい居住空間の実現を目指しましょう。

張り替え後には思わぬ事態も!

床の張り替えをするときは、張り替え後のようすについて、具体的にイメージすることが大事です。
不具合が見つかった場合、やり直すのは大変です。
それ相当のお金が掛かると覚悟する必要性がでてきますね。

張り替え工事後に、床の高さが変わることはよくあります。
「重ね張り工法」を選ぶときはもちろんですが、「張り替え工法」の場合でも油断はできません。
洋室には開き戸が多いですが、開閉がスムーズにできなくなる可能性もでてきます。
そうならないためには、新しい床材を選ぶときに「厚さ」(厚み)の確認も大切です。

ジョイントマットは部屋の一部分だけ置けるなどが大きなメリットです。
その一方、ジョイントマットを敷かない部分との境界に段差ができますね。
そのため、転倒して怪我をするリスクがあることを知っておきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る